乗りすぎは逆効果!?自転車がEDの原因になる理由と注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

EDの改善のためには運動が効果的です。

そのため、運動の一つとして自転車を活用している方を多く見受けます。

自転車通勤に切り替えたり、趣味の一つとしてロードレースを楽しんでいる方もいらっしゃるでしょう。

確かに自転車は上手に利用すれば高い健康効果や精力アップ効果をもたらしてくれます。

しかし、使い方によってはEDの原因にもなってしまうんですよ。

そこで今回は、自転車がEDの原因となる理由や注意点についてお伝えします。

 

自転車にはメリットもデメリットも存在する

328d2fd3e17d618b21ef8d780b5976f9_s

自転車を生活習慣病予防や勃起力向上に役立てたいのであれば、

まずは自転車のメリットとデメリットの両面についてしっかり理解しておく事が大切です。

 

自転車のメリット

自転車を用いた健康法の一つに、バイコロビクスというものが存在します。

バイコロビクスに関しては、別の記事に詳しく掲載しています。

自転車をこぐと、足の大きな筋肉群を鍛える事ができます。

バイコロビクスとは、目的別のプログラムによって効率よく自転車の健康効果を引き出した方法です。

バイコロビクスを行う事で、

肥満などの生活習慣病が改善する
代謝が上がり冷えが改善する
血流量が増える
血行が改善する
勃起力が改善・向上する

などの健康効果を得る事ができます。

 

自転車のデメリット

メリットだけ見ると自転車はとても優秀な健康アイテムのように思えますが、

精力に関しては見過ごす事のできないデメリットが存在します。

特に長時間の自転車の乗車は、勃起力の低下に繋がり、EDを誘発してしまいます。

実際に、

日本性機能学会「ED診療ガイドライン」(2012年発行)
ISSM(国際性機能学会)のガイドライン

において、EDと自転車の関係性について指摘されています。

 

自転車がEDの原因になる理由

c469b8144e5a5ad601c98f16643be46e_m

では、どうして健康によいはずの自転車に乗るとEDのリスクが高まるのでしょうか?
理由は以下の2つです。

陰部の血流が悪化する
前立腺炎を発症する

それぞれの理由について詳しくみていきましょう。

 

陰部の血流が悪化する

自転車に乗ってみるとすぐに分かりますが、

座席部分であるサドルはぺニスの付け根から肛門にかけての部位に当たります。

この部分に当たった状態で体重がのると、ぺニスの付け根が圧迫されて血行が阻害されてしまうのです。

ぺニスへの血流が阻害されれば、もちろん勃起力は低下します。

一時的に血行不良になる程度でしたらまだいいのですが、この状態が長時間続くと、

ぺニスへと伸びる血管に傷がついてしまい、この事がEDの発症リスクを高めてしまうのです。

 

前立腺炎を発症する

長時間のライディングは、前立腺にも悪影響を与えます。

前立腺は精液の構成成分を分泌する精力に関して重要な役割を果たす部位です。

長時間自転車に乗ってぺニスの付け根と肛門の間が刺激され続けると、前立腺に炎症が起き、慢性前立腺炎を発症する可能性があります。

慢性前立腺炎になると、精液の中に白血球が混じり込むようになり、白血球の攻撃によって精子の質と量に大打撃となります。

精子の量が少ない
精子の運動性が悪い
精子のDNAが断片化している

などの男性不妊の原因には自転車による慢性前立腺炎が関わっている事もあるんですよ。

さらに悪い事に、慢性前立腺炎は完全に治癒する事が難しく、再発しやすい病気なのです。

 

EDになりやすい乗り方

433b9eb4778e4556fa21ee86d3f94160_s

EDや慢性前立腺炎のリスクが高まるからといって自転車を生活から排除する必要はありません。

バイコロビクスのように適度なライディングやママチャリなどで買い物に行く、週末に少し自転車で遠出する程度であれば問題ないと考えられます。

一方で、

頻繁に長時間自転車に乗る
長時間前傾姿勢で自転車に乗る
細いサドルの自転車に乗る

などの、ぺニスの付け根への刺激が大きくなったり、刺激が続くような乗り方はEDや慢性前立腺炎のリスクを高めます。

 

自転車でEDにならないための注意点

e57431fd068dacd904ac49daaab9426f_s

だからといって趣味のサイクリングを止めるのは、ストレスにも繋がってしまいます。

大切なのは、EDや慢性前立腺炎にならないように注意しながら工夫をしてライディングする事です。

自転車でEDにならないための対策としては、

長時間乗る際は定期的にサドルから腰を浮かせる
先の細いサドルではなく幅の広いサドルにする
溝や穴がついた会陰部に優しい設計のサドルに変える
ジェルやクッション性のあるサドルカバーをつける
往復1時間以上かかる場合は通勤に自転車を使用しない

などが挙げられます。

特に会陰部(ぺニスの付け根と肛門の間)への刺激源となるサドルへの対策を厚くする事が重要です。

 

まとめ

自転車は賢く使えば、生活習慣病を予防しながら勃起力を高める事ができます。

しかし、長時間のライディングやサドルの形態によっては、逆にEDや慢性前立腺炎のリスクを高め、男性不妊を招いてしまいます。

健康や精力アップのために取り入れた自転車でEDにならないためにも、乗車時間や乗り方には細心の注意を払うようにしましょう。

 
参考
男を維持する「精子力」 岡田弘
男性力がみなぎる本 山中秀男

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-10-24

    AGA治療の闇。AGAクリニックに騙されないように少しでも知ってほしいこと。

    今回は「AGA治療の闇」について言及していきたいと思います。 AGAクリニックは国内で増加傾向…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…

ピックアップ記事

  1. 2017-10-24

    AGA治療の闇。AGAクリニックに騙されないように少しでも知ってほしいこと。

    今回は「AGA治療の闇」について言及していきたいと思います。 AGAクリニックは国内で増加傾向…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…
  4. 2017-9-29

    ミノキシジル | 人気薬を8種比較!内服&外用の効果や副作用など徹底分析

    今回はミノキシジルについて、また人気薬8種類を徹底比較し、分かりやすく解説していきます! そもそも…
ページ上部へ戻る